GoogleAdsenseの審査にクリア!気を付けるべきこと

どうも、RYOです。

2018年7月6日現在、無事にGoogle Adsenseの審査にクリアしました。

1級建築士ブロガーとして新たな門出を切る意味で、大きな一歩となりました。

そこで、私がどのようなことに気を付けてアドセンスの審査をパスできたのかを記録しておきます。

 

アドセンス審査合格までの軌跡


無料ブログ?独自ドメイン?

まず、サイトですが、独自ドメイン(ryo-simplife.com)を取得し、ワードプレスを導入しています。

1年くらいに、seesaaブログとLivedoorブログで申請をしようとしたのですが、どちらもアドセンスへ登録ができませんでした。

今現在は、良質なサイトのみを重視する傾向にあるようで、誰でも簡単に作成できてしまう無料ブログサービスでは登録ができなくなっています。

 

サイトのジャンルは?

トレンド型と特化型というのがあります。

このサイトは、どちらかというと特化型に分類されると考えます。

私のサイトで扱うジャンルは多岐にわたりますが、基本的には「会社員からフリーランスに向けた軌跡」と「専門書籍の知識をいかした子育て術」、「エビデンスに基づくライフハック的な情報発信」などを扱います。

 

記事数は?また、1つの記事の文字数は?

だいたい30記事程度書きました。

 

文字数は、最低でも800文以上になるようにしました。

 

審査は何回チャレンジしたのか?

2018年7月2日(夜10時頃)・・・申請申込

2018年7月3日(朝6時半頃)・・・不承認のお知らせ

2018年7月6日(夜11時頃)・・・再度申請

2018年7月6日(夜11時頃)・・・アカウント有効・開設のお知らせ(審査合格)

と、意外や1回だけ不合格を経験し、すぐに再申請したら通りました。

 

なぜ落ちたのか?

原因は、「サイトポリシーを明確にしていなかったことのようです。

不合格の際のGoogleからのメールには「Google AdsenseのAdsenseプログラムポリシーに準拠していない」と記載がありましたので、細かく全て確認していくと、「サイトポリシー」については必須コンテンツとなっていることが判明しました。即座に「サイトポリシー」の固定ページを作成し、サイトを更新しました。

そして、再挑戦したところ、あっさりと承認されました。

 

サイト管理者の情報は?

自身の情報を載せておくこともサイト閲覧者にとっても重要なことだと思いましたので、それなりにリアルに記載しております。

また、アドセンスの関連書には、「最低限、どのような人がどのような目的で発信しているサイトなのかわかるように」とありましたので、誠実に守りました。

 

Amazonなど、他のアフィリエイトの導入の有無は?

一切していません。一応、Amazonなどアフィリエイトをしていも問題ないらしいのですが、自分としてはアドセンスをメインにしたかったので、Amazon他は今後の展開と考えています。

 

他のサイトへのリンクは?

適度にリンクをつけないとと、記事の信憑性が下がってしまうため、引用した際や、根拠にしたデータ等が掲載されているサイトへのリンクを適宜行いました。

 

画像データは?

商用可能なフリー素材や、自分で撮影した写真、パワポを利用して自分で作成した画像データなどは使っていました。問題なく審査に合格しております。

 

記事の更新頻度は?

基本的には毎日書いて更新したかったのですが、3,4日空いてしまうこともしばしばありました。

アドセンスへ申請する前の5日間は、毎日1記事程度更新していたと思います。

 

 

以上、これからアドセンス審査を受けようとしている方の参考になればと思います。

 

RYO

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です