新たな働き方の考察/1級建築士の法規知識を活かして

どうも、兼業主夫ブロガーになる予定のRYOです。

 

来年10月に今の職場を退職して、新たに個人事業主として独立することを目論んでいます。

 

これまでの発想では『ブロガーとして生きる』ような感じでいましたが、自分の強みを生かして、社会貢献をしながらマネタイズできる方法について考察したいと思います。

 


自分の強み

自分の強み。これまでの自分の経歴を棚卸ですね。

 

いろいろあるのですが、業界的にみて、比類なき強みと言えるものがあります。

 

それは、建築基準法の運用に関する知識と、行政や設計事務所それぞれの視点に立った語り既存建物のストック利用時の注意点を一瞬で察知する能力だと思います。

 

このことについて、職場の気心知れた友人に意見を求めながら、自分を見つめなおしました。

 

かれこれ10年近く建築基準法や関連法令、そしてハード整備等に携わってきた経歴があるので、さすがに達人クラスに達しているらしいです。あくまで同業である第3者の感想です。

 

確かに、起業を考えたら読むべき本と推される中には、自分の強みは第3者の意見から見つけられると書いてあるケースが多い印象があります。

 

ということで、自分の強み(=建築法規の経験)を活かした形でのフリーランスを構築していきたいと思います。

 

働き方としてはブロガーに徹しますが、そのコンテンツは建築法規の経験を活かした内容としようかと思います。

 

気づかせてくれた職場の仲間に感謝です。

 


建築法規以外の強みは?

やはり勉強法・暗記術や交渉心理術、ビジネスノウハウだったりと、サラリーマン向けのノウハウについてはかなり知識と実践の経験があります。もちろん失敗のたくさん経験しております。

 

他には、読書より得た子育てに関する科学的な視点からの知識などでしょうか。

 

的を絞らないと集中力が多方面に分散してしまいそうなので、ひとまずは『建築法規』『ビジネスノウハウ』『子育てハック』といった3ジャンルに絞っていこうかと思います。

 

本格的な始動は来年10月からのことなので、今はこっそりと副業のような形で緩く開始したいと思います。

 

RYO

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です