1歳児の息子の鼻水がとまらない・・急きょ、メルシーポットを購入してみた!

2日前から鼻水が出てきました。

あ、私もですが、息子のことです。

日中のはなたれと、夜の睡眠時の口呼吸が心配になってきたので、メルシーポットを購入しました。

幼児は基本的に鼻呼吸であり、鼻が詰まると口呼吸がしにくく、また、中耳炎になる可能性もあるので、早急に対処せねばと考えました。

 

そこで、急きょ、嫁1人で「赤ちゃん本舗」にお買い物に行ってもらいました。(私は息子と家でお留守番です。)

 

嫁一人で行ったのには理由がありまして、息子はここ2日間の鼻水のせいで、食欲が少なくなり、お昼寝も夜も満足に寝れていなかったため、相当機嫌が悪くなっていたみたいで、連動して嫁の方も相当体力を消耗していたので、少し距離をとることが大事だと考えたからです。


 

電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503 

幸いにも店頭価格はAmazonと同程度(約1万2千円)でしたので、すぐに購入してもらいました。

といっても、鼻水吸引に1万円以上もかけるなんて少々勿体ないなと思いました。

アナログのものであれば1000円程度ですからね。

しかし、耳鼻科に通っても類似の機械で鼻水を吸われ、対処法を教えてもらったり、処方箋をもらえるだけと考えれば、家で簡単に鼻水吸引ができるのは便利なのかもしれません。

しかも、この商品、3歳くらいまでが対象かと思っていましたが、大人でも使えるんですね!?

これには驚きました。

私も今の季節は花粉症のせいで鼻水がひどいので、自分でも使えるとは嬉しいですね。


 

思った以上に優しく、しっかり吸う

嫁が帰宅して、さっそく梱包を解いて使用してみました。

これが・・・

想像以上にしっかり吸うではありませんか!

息子の鼻にぶっさす前に、水を吸ってノズルなどを濡らしておく必要があるとのことで、コップを用意して水を準備しました。

ノズルを水につけると、「スギューッ」と一気に水が吸われていきました!!??

「おっ・・・これ息子の鼻に入れて大丈夫か????」と逡巡しましたが、恐る恐る息子の鼻に近づけてみました。

めちゃめちゃ嫌がりましたが、しっかりと鼻水を吸い取っていってくれました。

少し粘り気のある鼻水でしたので、ノズルホースの途中にべったりと残っていましたが、最後にコップに入った水を一気に吸い込んだところ、しっかりとポケット部に流れていきました。

 

息子にだけ嫌な思いをさせるわけにはいかないので、私も試してみました。

鼻に入れる先端を替えて、息子の時と同様にやってみたところ・・・・

「おっ・・・・!?思った以上に優しいぞ!!」

もっとずずずーっと吸われるのかと思いましたが、さすがに高級品だけあって、安心安全設計されていました。

 


最後に

まぁ、正直にいうと、1万2千円は高すぎるような印象を受けました。

もちろん、性能に不満はないので、「買ってよかった」ということになりますが、5000~6000円程度が妥当なお値段ではないでしょうか。

海外品なので、足元を見られている感じはありますが、今後、類似品を日本のメーカーが安価で開発してくれることを期待します。

 

 

RYO

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です