クリティカル読書術とは?メンタリストDaiGoが勧める読書術

“読書”と一言で言っても、“読書術”については様々なものがあります。

 

読んだ内容を実際にアウトプットして初めて意味があるものになるということは間違いないのですが、そもそもインプットも効率的に行いたいところですね。

 

最新の科学的根拠のある情報を発信してくれるメンタリストDaiGo氏が、2018年9月19日(木)の会員限定のニコニコ動画「クリティカル読書術」について語っておりましたので、ササっとご紹介します。

 

「クリティカル読書術」は、オーストラリアにあるモナシュ大学(Monash University)によるもので、要は『ツッコミ読書術』です。

 

特に難しいテクニックではなく、おおいにツッコんでいくわけです。

 

そうすると、記憶への定着率が上がるんだとか。これはお試しの価値がありますね。

 

では、どういう感じでツッコめばいいのか?ということになりますよね?ここにDaiGo氏が挙げた一例を列挙してきますね。

 

・著者はどのような立場にいる人なのか?

・著者はどいうった視点で語っているのか?

・著者はどのような科学的根拠を重視しているのか?

・著書の数字の引用はどこからなのか?

・著書の見落としポイントはないか?

・著者のバックグラウンド(出生時期、出身大学、経歴など)は?

・理論展開の方法は?

・どういったジャンルの情報を引用しているのか?

・自分の主張に都合の良い情報だけを引用していないか?

・バイアス(偏重)がかかっていないか?

・結論がロジカルに導き出されているか?

 

以上、一例ですが、常にツッコミを入れて読んでいくのがクリティカル読書術だそうです。

 

あくまでツッコミ的(批判的)に読むのであって、否定的に読むとは意味合いが異なりますのでご注意を。

 

《参考》

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

http://ch.nicovideo.jp/mentalist

Follow me!