『札幌市図書・情報館』の休館日ってノマドワークできるのか?

『札幌図書・情報館』は毎週水曜日が休館日となっているので、もちろんのこと予約席は利用ができません。

 

そんなときは潔く近隣のカフェに行けばいいのですが、1円でも節約するために、多額の市税が投入された施設を利用できるのか検証してみました。

 

結果的には、今の時期(2月末)は、学生の受験シーズンと重なっているため、無料スペースは学習スペースとして飽和しておりました

 

しかし、ちょっと使いにくいけど、開いている空間もありました。ちなみに、この記事もその空間で書いております。

 

それがこちら↓

(PCは、最近愛用しているChromebookです。)

 

 

ちょっと引き画だと、こちらです。↓

離席しているので、作業は一番左の開いているところでしております。

コメント:一見、立派な作業空間に見えますが、この机の高さが絶妙に使い難いんですよね。背の低い人(150センチ台)が、スタンディングデスクとして利用するには最適でしょうけど、私のような180センチを超えた身長の人間には立って使うにも座って使うにも無理な体制にしかならないです。うまく設計されていますね笑

 

ちなみに、他の無料席の状況はこちらです。↓

(迷惑がかからないように遠目となっておりますが、ご了承ください。雰囲気だけでも把握いただければと思います。)

(コメント:1階のエスカレーター横の隙間です。膝上でPCを叩くのが苦ではない人は、使いやすいかも。)

 

 

(コメント:いわずと知れた2階の4人がけBOX席です。4BOXありますね、。高校生で溢れかえっておりました。ココの利用は利用者のマナー次第ってところですね。)

 

 

(コメント:2階の自由席は照明付きでおしゃれな感じですが、ここも受験勉強にはげむ方々でいっぱいでした。ちなみに、私が作業している1階のテーブル席も写っています。机の高さがすっごく使いづらいです。)

 

ということで、休館日(水曜日)の夕方(18時前後)に作業をしてみましたが、いい席は空いていませんでしたね。

ですが、無料の公共Wi-Fiを利用できるところは強みですね。

 

以上、使用感に関するレビューでした。今後、ノマドワークに向いた無料空間のレビューをまとめられたらなと思っています。乞うご期待です。

 

RYO

Follow me!